時間の使い方を強制的に変えて有効利用する方法とは!?

午後3時まで寝てもうた(ハリネズミ)




一人暮らしをすると、時間を自由に使えるようになります。

とはいえ、仕事の疲れに加えて家事もやった後は

「もう何もヤル気がおきない!」と、ダラダラ過ごしてしまうことが、ほぼ毎日。

 

これは、いかん!

時間の使い方を変えて、ダラダラ生活をやめよう!!

帰宅後の習慣

帰宅する背広組

まず、仕事から帰ってきた後の生活習慣を振り返ってみます。

一人暮らしなので、炊事、洗濯などやらないといけないことがあるのです。

  • 風呂に入る
  • 晩御飯の支度をする
  • 晩御飯の支度をしながら、洗濯をまわす(毎日ではない)
  • 晩御飯を食べる
  • 洗濯したものを干す(洗濯をまわしたときだけ)
  • 洗濯ものを取り込む(洗濯ものを干していたときだけ)
  • 洗濯ものを畳んでタンスにしまう(洗濯ものがあるときだけ)

 

ザっと挙げただけでも、これだけのことをしているのですね。

仕事でさんざん疲れた後に、帰ってきてからもまだ用事があると

さすがに疲れてしまいます。

そりゃ、ダラダラ過ごしてしまいますわ。笑

消費され続ける時間

「お使いの端末(スマホ)はこのバージョンに対応していません」

「ダラダラする時間は、良くない。」

ということが問題であるするならば、どうやって解決すればいいのか。

その前に、

なぜダラダラしてしまうのか?

 

自分自身のケースで考えると、

「何かやろう!やりたい!」と、心から思えることないのが原因だと気づきました。

別にテレビを見ていてもいいんですよ。

だけど、意味もなくただボーっとテレビを見ているだけって、どうなのよ??

なんだかすごくムダな時間を過ごしているように感じたのです。

時間を無駄に消費しているな、と。

 

帰宅してから寝るまで4時間あるとして、

平日5日で20時間、1か月(20日)に換算すると・・・

なんと!400時間もの時間を消費しているのです。

これだけの時間があれば、もっと他にできることありますよね。

テーブルに置かれた砂時計

単身赴任のメリット!あなたは”自由な時間”をどのように使いますか?

2019/01/16

時間に投資する

上場投資信託(ETF)の認可間近と期待されるビットコイン

だから、ムダに時間を消費するのではなく、

将来リターンがあるような時間の使い方をしようと考えました。

これが、時間に投資をするということです。

 

そこで、もう一度、あらためて、ブログに取り組もうと。

ただし、目的をしっかりと持って。

以前はなんとなく書いていたブログに自分なりの意味を与えました。

そうしないと、将来のリターンが期待できないからです。

 

でも、夜は仕事から帰った後は疲れている。

そして、それは避けられない。

きっと同じように、またダラダラ生活に戻るに違いない。

 

であれば、何をするか?

そこで考えたのが、早起きです。

早起きして、まだ疲れていない朝の時間にやりたいことをやろうと思ったのです。

早起きが時間の使い方を変える

お昼の時間を指す目覚まし時計

早起きすると、朝でかけるまでに時間が余裕ができます。

というか、時間に余裕を作るために早起きするんですけどね。笑

その時間を読書や勉強、ブログを書くなどの活動に充てるのです。

いわゆる、朝活ってやつです。

 

また、早起きすると、当然眠くなります。

だから、早く寝ようという気持ちになります。(というか、勝手に寝ます 笑)

すると、夜ダラダラとテレビを見ているとか、

何気なく消費している時間がなくなっていきます。

 

結果として、

夜、無駄に消費していた時間を、

朝、自分の成長に投資する時間へと変えることができる

のです。

 

ただ、早起きはツライです。

早起きを続けていくには、ちょっとしたコツがあります。

ぜひ、こちらの記事も併せて読んでおいてください。

ふあぁ~ よく寝たぁ

早起きのコツ!寒い冬でも早起きできた3つの工夫とは!?

2019/01/20




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です