手作りヨーグルトに挑戦!作り方は意外と簡単だった!!

手作りヨーグルト完成




ヨーグルトが好きなワタクシ。

一度はやってみたいと思っていた手作りヨーグルトに挑戦してみました。

難しいと思っていたけど、意外と簡単で、初めてでも成功しました!!

準備:保存瓶の煮沸

まず、ヨーグルトを作る前に保存瓶とスプーンを煮沸消毒します。

これは、瓶の中に繁殖する雑菌をなくすためだそうです。

このとき、注意するのは、保存瓶(ガラス)をいきなり熱湯にいれないことですね。

ガラスは急激な温度変化に弱いです。

保存瓶煮沸中

 

だから、水をたっぷり入れた鍋を火にかける前に保存瓶を鍋に入れてください。

そうしたら、水が沸くにつれて徐々に保存瓶の温度も上昇していきます

詳しい煮沸諸読の方法は、コチラのサイトが参考になります。

煮沸消毒の手順

保存瓶などの煮沸消毒の仕方(クックパッド)

https://cookpad.com/cooking_basics/20529

材料

用意する材料は、たったこれだけ。

材料

  • R-1ヨーグルト 1カップ(120g)
  • 牛乳500ml

手作りヨーグルトの作り方

今回は、こちらのレシピの通りに作りました。

参考にしたレシピ

鍋保温で手軽に!!★自家製ヨーグルト★(クックパッド)

https://cookpad.com/recipe/2783822

ヨーグルトと牛乳を混ぜる

では、作っていきます。

煮沸消毒した保存瓶に種ヨーグルトを入れます。

このとき、フタや瓶の内側を手で触れないように注意です。

せっかく煮沸消毒して殺菌したんですから!

種ヨーグルト投入

 

続いて、牛乳500ml投入です。

牛乳と混ぜ合わせる

 

牛乳と種ヨーグルトをよく混ぜ合わせます。

ほぼ牛乳ですから、どこまで混ぜたら混ざったのかわからないですが、

とにかく混ぜます。

混ぜて、混ぜて、これでもか!ってくらい混ぜておきました。

瓶をフタして鍋で加熱する

これも煮沸消毒と同じように、加熱前から保存瓶を鍋に入れておきます。

だいたい瓶の半分が浸かるくらいの水量です。

手作りヨーグルト加熱前

 

だいたい、50℃から60℃まで加熱します。

プツプツと泡が浮いてくる感じなんですが、指を突っ込んでみます。

火傷しないようにソローっと指をいれて、「アチッ!」って言ったらころあいです。

「あっつっ!!」って言ったら、加熱しすぎです。笑

火を止めて保温する

で、加熱できたら火を止めます。

そして、フタをして保温します。

ただですね、ワタクシの場合、鍋が小さく、保存瓶を入れてフタができませんでした。笑

なので、ラップをぐるぐると巻いて保温できるようにしてみました。

手作りヨーグルト保温中

 

あとは、この状態で3時間程度待てば、完成です。

保温時間は夏なら2時間だそうです。

 

が、今回の場合ラップでは保温効果が弱いのでしょうか、

2時間では固まり切りませんでした。

そのときは、もう一度50℃~60℃まで加熱して、もうしばらく保温します。

2時間+1時間程度でキレイに固まりましたよ。

おいしいヨーグルトの完成!

そして、できあがったヨーグルトがコチラです!!

手作りヨーグルト完成アップ

 

どうでしょう?

写真ではわかりにくいかもしれませんが、キレイに固まっています。

早速、食べてみましょう。

 

と、ここでストップ!!

食べる前に、次のヨーグルトを作るための種を取っておきます。

だいたい大さじ2杯のヨーグルトをとっておくとよいそうです。

では、あらためて食べてみましょう。

クリーミーでまろやかな味

うまい!!

美味しすぎます!

 

R-1にしたからなのか、非常にクリーミーな感じです。

ほどよい酸味と甘さがあってとてもおいしいです。

市販のヨーグルトとは違う、食感もあります。

これは作ってみないとわからないおいしさですね!

まとめ

ヨーグルトを手作りするなんて、とても難しいもんだと思ってました。

でも、やってみると意外と簡単。

時間がかかるというだけで、難しいことはないなという印象。

 

これなら、ヨーグルトメーカーなしでも

いつでもおいしい手作りヨーグルトが食べられそうです!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です