【作り置きレシピ】温泉卵作りにチャレンジ!!

完璧な温泉卵




温泉卵って、冷蔵庫に常備してると便利です。

パスタ、牛丼、サラダ、うどんなど、

卵1つ入れるだけで味のバリエーションが広がるからなんです。

 

ですが、スーパーで温泉卵を買うと、少々割高です。

ということで、作ってしまいましょう!

温泉卵の作り方

材料

  • 卵 4個
作り方

  1. 冷蔵庫から卵を取り出しておく
  2. 卵が浸かるくらいのお湯を鍋で沸騰させる
  3. 沸騰したら火を止める
  4. 冷蔵庫から取り出した卵を鍋に投下
  5. 火にかけていたコンロから外して20分待つ

レシピのポイント

温泉卵をうまく作るコツは、温度管理にあるようです。

ただ、温度計がないと温度管理は難しいです。

そこで、時間で温度をコントロールをしようというのが、レシピのポイント。

 

だから、

水を完全に沸騰させることも

冷蔵庫から卵を取り出してから投下するまで常温状態に置いておくことも

卵を入れたらコンロから外すことも

そして、20分待つこともとっても重要なのです。

 

卵をお湯に入れるときは、ヤケドしないように注意してください。

でも、そーっと入れないと卵が割れてしまいます。

そこでオタマを使って丁寧に熱湯へ投下してください。

卵をオタマでお湯に投下

2回失敗して3回目で成功

最初に失敗したときは、ほぼ生でした。

お湯につけている時間は15分でした。

短すぎたようです。

 

そこで、次は30分にしてみました。

すると、ほぼゆで卵。笑

こんどは、長すぎたようです。

ゆですぎた卵(失敗作)

ゆですぎた卵(失敗作)

 

15分の差で、生とゆで卵とかなり変化するんですねえ。

新しい発見でした。

 

というわけで、

最後に20分で作ってみると、うまくできたというわけです。

温泉卵 完成!

そうやって試行錯誤して作った温泉卵が、コチラです!!

じゃーん!

完璧な温泉卵

 

外はトロットロ、黄身の中は半熟という完璧な温泉卵ができました!!

冒頭に書いたようにパスタやサラダなど料理に入れるだけでなく、

温泉卵に醤油や白ダシをかけて食べるのもすごくおいしいです。

 

もう一品のおかずにもなる

温泉卵を作っておけば、一品追加にもなりますよ。

ぜひ、お試しアレ。

追記(2018/10/21)
卵を6個にしたときは、35分お湯につけておくと良い感じに仕上がりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です