電子レンジでチン!パスタを茹でる手間を省いて楽チン料理!!

レンジでパスタ




いかに手間を省いて料理するか。

これがワタクシの自炊のテーマになっているわけですが、

このグッズは欠かせません。

パスタをレンジで茹でる容器があるんです。

「レンジでパスタ」って名前らしいですね。

パスタの茹で方

レンジでパスタを使ったパスタの茹で方は、簡単です。

  1. 容器にパスタ1人前と水500mlを入れる
  2. レンジでチンする(500Wでパスタの茹で時間+4分くらい)
  3. 湯切りする

 

たったこれだけでおいしいパスタがゆであがります。

ゆであがったパスタ

 

どうして、そんなにも便利なのか?

パスタをゆでるんだったら鍋でええんちゃうか?って思いますよね。

でも、ひとり暮らしならではの事情もあって、これはとっても便利なのです。

理由① 一口コンロ

ひとり暮らしの家というのは、1Kとか1DKですよね。

こういうタイプって、たいていコンロは1つしかありません。

なので、長時間パスタをゆでることで占拠してしまうと

他のことができないという事情があるのです。

理由② 速い/手間いらず

パスタを鍋で茹でるというと、大量のお湯を沸かさないといけません。

これが結構時間かかる。

それに電子レンジだったら、タイマーをセットすればほったらかしでOKです。

鍋の場合は、お湯が吹きこぼれないかなど、いろいろとケアがいります。

理由③ 洗い物が楽チン

パスタをゆでた後の鍋って、意外と汚れているんですってね。

その点、レンジでパスタはほとんど汚れませんので

洗うときがとっても楽チンです。

便利だから使う

ということで、レンジでパスタは便利なので

しょっちゅう使っても苦になりません。

レトルトのパスタソースを使えば、10分程度で食べられます。

 

また、レトルトに頼らなくても簡単にパスタを料理する方法はあります。

例えば、こないだ作った「ツナと水菜のパスタ」ですが、

水菜をざくざくと切って、ツナ缶とめんつゆで和えるだけ。

混ぜるだけだから、めんどくさいことなんてナシ!

おいしいですよ!

ツナと水菜のパスタ

手抜き料理には欠かせない

レンジでパスタを使えば、手間なく簡単においしいパスタがいつでも食べられます。

なので、ひとり暮らしには必需品なんですねえ。

少なくともワタクシの快適生活には欠かせないのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です