一人暮らしに必須!突然の激痛に襲われる前に知っておきたいコトとは?

頭痛の会社員




一人暮らしで最もツライことのひとつは、病気になったときです。

痛くても辛くても苦しくても、誰も助けてくれませんからね。

先日、ボクはまさにそういう体験をしたのです。

どこの病院に行けばいいの!?

横浜で単身赴任生活を始めて約6か月。

病院に行ったことがありませんし、ましてや救急病院なんてわかりません。

突然の激痛に襲われたのが、日曜日だったので救急病院を探さないといけません。

 

むちゃくちゃ痛かったんですよ。

でも、自分で救急病院がどこにあるか調べるためにググって、

横浜の医療案内センターに電話したんです。

 

その次に案内された病院に電話して、診察受けたいことを伝え、

さらにタクシー呼んで、痛みを我慢しながらタクシーを待ちました。

そして、タクシーが来てから30分後。

ようやく病院にたどり着いたのです。

あらかじめ知っておく方がいい

一人暮らしなら、いざという時のために

近くの救急病院くらいは知っておいた方がいいと思うんです。

もちろん、#7119に電話したら案内してくれますよ。

 

でも、痛みに耐えながら、何度もあちこち電話するのはツライ。

ホント、身に染みて思いました。

 

だから、今のうちに調べておいてください。

調べ方を書いておきますから。

救急病院の調べ方

救急医療 (自治体名)」もしくは、「救急病院 (自治体名)」で検索すると、

近くにある救急病院のリストや各自治体の救急医療機関の案内ページが

上位に表示されるようになっています。

自治体名は、市区町村まで入れると近所の情報に絞られるのでオススメです。

 

また、「医療機関案内 (自治体名)」で検索すれば、

医療機関の案内サービスの電話番号を知ることができます。

#7119または案内サービスの電話番号が書かれていることが多いようです。

 

急な病気やケガをしたときに慌てないように

一人暮らしなら、ぜひ知っておいていただきたい情報です。

追記

このときの激痛は胆石症でした。

後日、手術を受けることになってしまいました。

手術の痛みの記録を書いていますので、こちらも読んでみてください。

記憶より記録!

胆石手術体験談!”痛い!”と感じた処置と痛みが消えるまでの記録!!

2019/02/10




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です