睡眠時間が短い?無理のない早起き習慣のために少し意識を変えてみませんか?

路上で爆睡する猫




早起きするとき、寝る時間はそのままになっていませんか?

寝る時間を変えずに早起きするということは、睡眠時間を短くするということです。

睡眠時間、削って、大丈夫?

”早起き”に対する意識

「よし!早起きするぞ!!」

あなたも一度は思ったことあると思います。

「明日は、1時間早く起きてジョギングしよう!」とかね。

凍りはじめの銚子大滝

早起きできない人へ!Twitterを上手に活用して早起き習慣を身につけよう!!

2019/01/28

 

早起きするときは、早く寝ていますか?

寝る時間は遅いまま変わっていないのではないですか?

どうですか?

 

早起きしようと思うと、「起きる」ことには意識が向きます。

しかし、「寝る」ことには意識があまり向かないということないですか?

となると、「早起き=睡眠時間を削る」という風になりがちです。

睡眠は大切

壁にもたれさす

ここで、あらためて考えておきたいのが睡眠の大切さです。

睡眠不足で起きる問題は様々なところで指摘されています。

例えば、

  • ストレスの増大
  • 免疫力低下
  • 体重増加
  • 事故増加のリスク

というような問題を起こすと言われています。

 

このような指摘をふまえて、

睡眠不足になるような早起きはしないでほしいなと思うのです。

昼の活動に影響を与えてしまっては本末転倒です。

早起きは健康的に

夕焼けに染まる南アルプスのシルエットと雲海の様子

早起きをすることは、もちろん悪いことではありません。

だけど、無理してまですることでもないのではないでしょうか。

 

もちろん、睡眠時間が短くても問題ない人もいます。

自分の最適な睡眠時間を知ったうえで、

充分な睡眠時間を確保しつつ、早起きにチャレンジしてほしいなと思います。

 

だから、早起きに対しては、

こんな風に意識してみてはどうでしょうか?

”早起き早寝”をする

おしゃぶりを咥えてスヤスヤ赤ちゃん

早起きするなら早寝をする。

1時間早く起きるなら、1時間早く寝る。

早起きと早寝はセットと考えるのです。

 

早起きではなく、睡眠の時間帯をずらすという意識を持つ。

早起きだけでなく、早寝も同時に取り組むようにしてはどうでしょうか?

そうすれば、睡眠時間を確保しつつ早起きができます。

 

ぜひ、無理のない範囲で早起き習慣を身につけていただきたい。

そんな風に思うのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です