ひとり暮らし1か月の光熱費料金を公開しています

電気ブレーカーが落ちた




初めてひとり暮らしをすることになったとき、

光熱費はどれくらいをみておけばいいのか気になるよね~。

特に、単身赴任で二重生活になると、給料で足りるのか心配になります。

ということで、ボクの1か月間の電気、ガス、水道の光熱費の金額を教えます。

1か月の光熱費は約6,658円

ひとり暮らしでかかる光熱費は、ひと月あたり約6,658円でした。

どういう暮らしをして過ごしたのかお話しながら、

光熱費それぞれの内訳を見ていきましょう。

電気

電気は、7/13~8/12の期間で3,768円でした。

1年で最も暑い時期ですよね。

ボクの場合は、家にいる間は、寝ている間もずーっとエアコンつけっぱなしでした。

 

土日は、6日間以上は、1日中家にいっぱなしでした。

平日は、仕事に行っているので、まあ20時~翌日7時くらいまでは

家にいました。

その間、ずっとエアコンつけっぱなしです。

 

さらに、うちはIHなので料理するときも電気です。

そんな生活スタイルで、3,768円って安いなあって思いましたよ。

ガス

こちらは、8/22~9/19で1,166円です。

安いですよね。

ガスを使うのは、給湯器しかありません。

なので、風呂でお湯をはったときに使う分がほとんどだと思います。

とはいえ、安くてビックリしました。

水道

6/26~8/6までの41日間で2,299円でした。

なので、30日間に換算すると、約1,724円です。

上下水道合わせての料金なので、安いですねえ。

光熱費は意外と安かった

安い、安いと連発していますが、ひとり暮らしの光熱費って

1万円くらいは見ておかないといけないかなって思った時期があったんです。

その印象が残っているから、安いなあと思っているわけですね。

 

単身赴任なので、二重生活になるわけで、

そうなると出費は抑えたいなあと思うんですよね。

暑くてもエアコンつけない方がいいのかなあとか、まあいろいろ考えるんですよ。

それが意外と安かったというのは、とても助かります。

電気は30AでOK

ところで、大阪から来たワタクシは、ビックリしたことがあります。

関東で電気契約をするとき、アンペアを選ぶんですね。

関西ではそういうのがないので、ビックリしたんです。

 

と、同時にどれを選らんだらええねん!!って、ホントわかりませんでした。

んなもん、何アンペア使ってるかなんて、生まれてこのかた気にしたことない。

 

で、いろいろ調べたんですが、結論、よーわからん。だったんです。笑

ですが、実際に関東に来てくらしてみると、30AでOKということがわかりました。

エアコン、IH、テレビ、冷蔵庫・・・、いろんな電化製品をガンガン使っても

ブレーカーが落ちたことはありません。

 

なので、関西から関東へ来るみなさん、

ひとり暮らしは30Aを契約しておけば、大丈夫です!!

まとめ

毎月変動があるとはいえ、1か月あたり5,000円~7,000円くらいみておけば

まあまず大丈夫なんじゃないでしょうか。

これからひとり暮らしを始める方の参考になればと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です